SKIP

ロマンスドール

1月24日(金) 全国公開

出演:高橋一生 蒼井優 他、原作・脚本・監督:タナダユキ

credit +

credit

official instagram

PICK UP

TRAILER

    INTRODUCTION

    主演:高橋一生 × ヒロイン:蒼井優 × 原作・脚本・監督:タナダユキ ラブドール職人と、一目で恋に落ち結婚した妻との10年間。

    型破りな設定とセンセーショナルな展開に多くの話題と共感を呼んだ、タナダユキの小説『ロマンスドール』。発表から10年、タナダ自らの手によって遂に映画化。高橋一生と蒼井優の映画共演は『リリイ・シュシュのすべて』(01)以来19年ぶり。タナダと蒼井の映画作品におけるタッグは『百万円と苦虫女』(08)以来となる。恋焦がれ、愛し合って結婚したはずなのに、気づくと何かが変わっていた…。平穏な日常の中で、変化していく愛、仕事と家庭、――「恋愛・結婚」における永遠の問いをテーマに、現代夫婦のかたちを圧倒的共感度で描く。夫の嘘と、妻の秘密。それぞれの思いを抱えながら、ふたりはどんな答えを見つけるのか? 変わりゆく男女の感情をリアルに映し出す、美しく儚い、大人のラブストーリー。

    変わらない日常の中で、どうして僕らは、変わってしまったんだろう
    純愛×性愛×ドール

    STORY

    一目惚れをして結婚した園子(蒼井優)と幸せな日常を送りながら、
    ラブドール職人であることを隠し続けている哲雄(高橋一生)。
    仕事にのめり込むうちに家庭を顧みなくなった哲雄は、
    恋焦がれて夫婦になったはずの園子と次第にセックスレスになっていく。
    いよいよ夫婦の危機が訪れそうになった時、園子は胸の中に抱えていた秘密を打ち明ける……。

    ORIGINAL

    「ロマンスドール」(角川文庫刊) タナダユキ著

    2008年、雑誌「ダ・ヴィンチ」で連載。
    現在、電子書籍・文庫版が発売中。
    電子版はこちら

    2019年11月21日に文庫本が発売。

    THEME SONG

    《主題歌》never young beach「やさしいままで」

    作詞:安部勇磨 作曲:安部勇磨 編曲:never young beach
    (SPEEDSTAR RECORDS/Victor Entertainment)

    《劇中歌》never young beach

    作曲:安部勇磨 編曲:never young beach
    (SPEEDSTAR RECORDS/Victor Entertainment)

    never young beach

    Profile / Comment +

    never young beach

    安部勇磨(Vo, G.)/阿南智史(G.)/巽 啓伍(B.)/鈴木健人(Ds.)

    土着的な日本の歌のDNAをしっかりと残しながら、USインディなど洋楽に影響を受けたサウンドと極上のポップなメロディ、そして地に足をつけて等身大の歌詞をうたった楽曲で、音楽シーンに一石を投じる存在として、注目を集めるバンド。2014年春に結成。2015年に1stアルバム「YASHINOKI HOUSE」を発表し、「FUJI ROCK FESTIVAL」に初出演。2016年に2ndアルバム「fam fam」をリリースし、様々なフェスやライブイベントに参加。2017年にSPEEDSTAR RECORDSよりメジャーデビューアルバム「A GOOD TIME」を発表。2018年に10inchアナログシングル「うつらない/歩いてみたら」をリリース。そして2019年に、4thアルバム「STORY」を発表し、初のホールツアーを開催。また近年は中国、台湾、韓国、タイでもライブ出演。

    Comment

    自分たちのつくった曲が映画館で流れるという経験がないのでワクワクしました。映画の本編が終わり、エンドロールを観ながらエンディングの曲を聴いている時間が実は一番脳みそから何か出ている気がするんです。見終わってジュワーといろいろ実感するというか。あの時間に自分たちが関われるなんて。そんな気持ちがあったので主題歌のオファーを頂いた時は単純に嬉しかったです。

    映画から受けた印象は、余白があって、凄く素朴。だからこそ役者さん、音、映像、様々な個性を感じられました。

    人間、誰かを愛しても様々なすれ違いがあると思います。ベストな状況は少しの間。日々の中、互いに変わっていき、ぶつかる。それでいいと思うんです。正しさだけが人を救うわけじゃない。疲れちゃう。どんな状況になっても受け入れ、楽しみ、互いの違いを理解出来たら。

    愛するということは許すということなのかな。そんなことを思い作りました。